峯雲会書展

こんばんは。
今日は三重県津市へ嬉しい
ヤナセメディケアグループ様の新施設オープン記念「早苗祭り」に参加するためです。
デザイン書道で大きな紙に書くパフォーマンスを行って参りました。
またこの内容は後日アップしますね。

さて取り急ぎ展示会のお知らせです。
明日16日が最終日になりますが、私がお勉強させていただいている古典書道の社中「峯雲会」の書展が開催中です。

こちらの作品「盛」は古典に則したもの。(もちろんデザインではありません)
古典書道の世界で臨書を頑張っているのは、こうした古典作品でもっともっと素敵なものを作れるようになりたいからなのですが・・・。
が、全く修行が足りません!一生修行です。
基本は大事なこと、痛感しています。これからもがんばります。


峯雲会書展
とき:明日16日16時まで
場所:豊橋市美術博物館




デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 23:40 * comments(6) * - * - -

中日書道会東三河支部展 「稀」

こんばんは。
今日も夏らしい一日でした。
最近は天災で被害に遭われた方も多いようで心配な毎日ですね。

今年の中日書道展に出品した作品が名古屋市博物館での展示を終えて、現在は豊川市の桜ヶ丘ミュージアムで展示中です。こちらは古典書道の作品です。

作品名は「稀(まれ)」
古典書道の世界に身を置きながらも「デザイン書道作家」としてお仕事をさせていただける事や、個展に駆けつけていつも私を応援して下さる方がいる事・・・など全て「稀」な事。
当たり前のように感じて通り過ぎてはいけない!という思いで書きました。

そんな思い入れもあったので、推薦の賞をいただく事が出来たのは本当に嬉しかったです嬉しい
これも本当に有り難い事です。
恩師を始め審査員の方々に感謝です。

写真上:作品「稀」
写真下:6月、名古屋観光ホテルでの授賞式。



デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 00:00 * comments(4) * - * - -

中日書道展

こんばんは。
今日は何だか蒸し暑いですねえ・・・。

今日の中日新聞朝刊、14〜15面に「第59回中日書道展入賞者」が載っていましたね。
嬉しい事に少字数部門で「推薦」という身に余る賞をいただきました嬉しい
信じられない気持ちで一杯です。
ご指導くださった先生方のおかげと感謝しております。

デザイン書道作家としてのお仕事とは別に、
古典書道の社中に所属してお勉強しています。

デザイン書道のお仕事や個展で発表する作品は
当たり前の事ではありますが指導が入る事なく創作させていただいています。
こちらの古典書道の世界は、作品にお手本はなくともご指導をいただき完成させるもの。
全く違います。
古典書道のお勉強、研究は終わることのない世界。
一生勉強して行きたいと思って取り組んでいます。

古典書道の団体に籍を置いていると
デザイン書道作家としての活動はなかなか難しいものですが、
先生方のご理解をいただき本当に有り難い事と日々感謝です。

作品は6月16日から21日まで名古屋博物館に展示だそうです。
見に行きましたら写真をアップしますね。

↓2009年6月6日付け中日新聞朝刊 14.15面




デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 22:16 * comments(0) * - * - -

豊橋美術館にて展示中

ただ今、豊橋美術館にて「峯雲会(ほううんかい)書展」を開催中です。
以前所属していた「雲龍会」が解散して、現在はこちらに所属して勉強しています。

デザイン書道も大好きですが、古典書道も一生勉強したいな・・・と思っているので、
私なりに地道に頑張ります。
師である河原彩雲先生は、私がデザイン書道をしている事も認めて下さって、応援してくれているんですね。それって古典書道の世界ではすごいことなんです。
心の広い先生に恵まれて幸せですね。わたし。

今回の出品は「成」と「創」です。
「成」は「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」
から・・・。
5年前この仕事を始めた頃にNHKの「歴史は動いた」で上杉鷹山の回を見て、この言葉が沁みたので。
「創」は新しく事を始める、作り出す・・創作の創です。

明日の午前中は当番で会場にいます。
当番で会場にいると書道界の大御所の方から作品を批評されるのでいいんですよね。
そういうのって貴重な機会ですから。

というか明日が最終日です!わたし更新遅すぎよー。



デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 23:33 * comments(4) * - * - -

豊橋美術展

今日はカルチャースクールの日♪
てんやわんやで2時間があっという間に過ぎました。
皆さんお疲れさまでした楽しい

今日はその後豊橋美術展へ行ってきました。
私も作品を出品中です。
去年豊橋市民展を卒業したので、美術展は今年が初出品です。
「飄(ひょう)」と書いてあります。(作品サイズ100cm×140cm)
「飄々と・・・(世俗にとらわれず悠然と)」のイメージです。
そんな風になれたらいいのに。



デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 00:20 * comments(5) * - * - -

豊橋市民展

今日は、豊橋市民展の表彰式に出席して参りました。

今年の出品作は「馳」。
「少字数」と呼ばれるこの作品は、
その言葉が持つ意味に自分の想いをのせて表現します。
今回の「馳」は「走って行く」という意味もありますが、
「広く世間に知らせる」という意味もあります。
そうなるように頑張りたいという想いです。
が!それにしては勢いがないですよね・・・。

紙の大きさは畳一畳分。
私は字が大きくなりすぎる悪い癖があるので、
(小さい頃、先生に「紙一杯に書きなさい」と教えられたので、今でも体に染み付いているらしい)余白を意識して書きました。

そして、これがウワサの宿墨(腐った墨)を使った作品です。
これはそんなに日数が経過していないので、ニオイは大丈夫。
臭すぎると集中も出来ないので、私にはこのくらいが丁度いいみたいです。

有り難い事に今年でこの公募展は卒業なので、
今度はまた別の公募展で頑張りたいと思います楽しい

恩師や審査員の先生方に深く感謝申し上げます。

第57回豊橋市民展特選「馳」

第56回豊橋市民展大賞「挑」
デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 22:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

公募展の作品制作

お盆ですね。
帰省ラッシュの映像がニュースで流れていました。
こちらへ引っ越して来てからというもの、
帰省ラッシュとは縁がなくなりまして、有り難いようなさみしいような。

最近の私はというと、
抱えているお仕事の量も徐々に片付いてきまして、
余裕を持って取り組んでいる感じです嬉しい
このままぱったり仕事がなくなるかも・・という不安はありますが。

お仕事とは関係ありませんが、
公募展の締め切りが近づいておりまして、
畳一畳分の紙に「馳」と書いています。
書いているときは息を止めているらしく、非常に苦しいです冷や汗
まだまだ想いが込められていないのでイケマセン。
がんばります!


デザイン書道作家 鈴木愛 * 古典書道作品 * 22:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ