<< 個展が終わりました | main | 茶臼山高原 芝桜の丘へ行ってきました >>

茶臼山高原 芝桜の丘

こんばんは嬉しい
今日の豊橋は強風と冷たい雨とで嵐です強風

さて今日は以前お仕事をさせていただきました
「茶臼山高原 天空の花回廊 芝桜の丘」の紹介です。
今がお花の見頃で、1日に観光客が6873人ですって!
今日の中日新聞の記事になっていました。

芝桜の名所としては秩父が有名なようですが、
茶臼山高原の芝桜は南アルプスを一望出来る場所にあるのが売りですって楽しい
標高1415mですからね。気持ちいいでしょうね♪

更に今年から5年間芝桜を植え続けるそうで、
5年後には芝桜が今の4倍に増える予定だそうですよー。
愛知県の春の観光スポットですね!

見頃はあと1週間とのことですので、
今週末当たりいかがですか?

私は今年は行けそうにないかな・・・。
来年はぜひ!写真撮影にいきたいな。




















2008年6月5日 中日新聞朝刊


























2008年5月29日 中日新聞夕刊








2008年5月16日 東日新聞

この看板の裏には私の名前も彫って下さったとのこと♪
うれしいなラブ
デザイン書道作家 鈴木愛 * 商業書道のお仕事 * 00:17 * comments(6) * - * - -

コメント

愛さん、こんにちは〜(^^)記念写真のポイントに作品を置くことができるなんてステキなことですね!みんなの楽しい思い出の中に、愛さんが文字に込めた思いも残っていくんですねぇ。小生もドライブに出かけて1枚おさえてきますわぁ〜
Comment by 立松俊哉 @ 2008/06/07 8:37 PM
立松俊哉様へ

立松様!ごめんなさい!
今日実は「芝桜の丘」へ急遽行って来たのですが、
先日の嵐で、お花がほとんどダメになっていました・・・。
本当に残念でしたが自然のものですから仕方ないですよね!

>みんなの楽しい思い出の中に、愛さんが文字に込めた思いも残っていくんですねぇ。

そうですね!素敵なコメントをありがとうございます。
そうやって考えると何だか幸せな気持ちになれますね。
Comment by 鈴木愛 @ 2008/06/07 9:59 PM
愛さん、こんばんわ!
芝桜の丘、きれいですね。
でも、嵐でダメに、残念・・・。
楽しみが、先にのびた分、来年、またまた5年後が楽しみです。
自分の作品が人々の思い出の地にあるって、いいですよね。
それも、記念撮影の主役に。愛さんとハイポーズですね!
私も、仕事柄、記念碑の後ろに名前が刻まれるけど、うれしいです。
秩父は、いいところですよ!
私は、秋にログハウス作りで1ヶ月、通いました(学生のとき)
朝、霧が低く、立ち込めて、風にのってゆっくり森を縫うように流れるんです。
その風景を見ながら、ゆっくりコーヒーをゴクリと、おいしかった〜。
秩父の芝桜が、有名とは!知りませんでした。
今度、行ってみま〜す!!
Comment by hana @ 2008/06/07 10:13 PM
hana 様へ

記念碑の後ろにお名前ですか!
すごいですねー。
更にログハウス作りとは凄すぎます。

>朝、霧が低く、立ち込めて、風にのってゆっくり森を縫うように流れるんです。その風景を見ながら、ゆっくりコーヒーをゴクリと、おいしかった〜。

映画のワンシーンみたいですね!
私はそういう景色、写真でしか見た事がないので、
とっても羨ましいです。
霧が森を縫うように・・・なんて、
想像しただけで鳥肌ものですね。

Comment by 鈴木愛 @ 2008/06/07 11:10 PM
愛さん、昨日は芝桜を見に来ていただき
ありがとうございました。
花は盛りを過ぎていて少し残念でしたが、
来年はもっと充実した花畑になっていると
思いますので、また来てくださいね。

また逢える日までお元気で、お仕事がんばって下さい。
素敵な字をありがとうございました。
お母様にもよろしくお伝え下さい。
Comment by tahara @ 2008/06/08 12:06 AM
tahara 様へ

一日観光案内していただき、大変お世話になりました。
ありがとうございました!
母もとても楽しかったようで、tahara様には深く感謝しております。

tahara様の「芝桜の丘」に対する情熱をとても強く感じました。
こうして盛大に初年度を迎えられ、本当に素晴らしいと思います。

>素敵な字をありがとうございました。

ありがとうございます!!
こちらこそご依頼いただきました事を光栄に思います。

tahara様もお元気で、お仕事頑張って下さい。
Comment by 鈴木愛 @ 2008/06/09 1:33 AM
コメントする









このページの先頭へ